忍者ブログ
 
大日本擬人化海軍深夜隊についてのマナーを考えてみた
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

落ち着きましょう。


見やすく、管理しやすく、となると、どうしても、2フレーム3フレームになるのはあたりまえです。
ちなみに、「フレームってなぁに?」と思われた方は「サイトの作りが似てる」と言う権利を持ちえません。

そして更新情報や重要情報はサイド等の薄い、もしくは細いフレームに、基本的な連絡事項・インデックスに次ぐサイトの情報は見やすい大きいフレームに入ります。大体の場合。
長い事オタクはやってきているつもりですが、大体のサイト様があの作りです。

サイトの作りをパクりだといってしまうと、
この世から同人・創作サイトの半分以上が消滅する恐れがあります。


PR
深夜隊がどうのという前に

ここで主に問題になるのが屋外イベント

そもそもイベントとは

主催を経由して
会場をお借りして、コスプレすること

です。

深夜隊マナーサイトですが、深夜隊の前の前の段階のお話です。
これについて納得できないようなら、屋外にコスプレででるのはやめましょう。

一歩間違えればその地域から会場一つ葬ってコスプレイヤー皆様に迷惑をかけかねません。

一般の方の苦情の電話一本で、会場なんてすぐになくなるんですよ。

深夜隊の扱っている「事」が大変特別な事であるように、その衣装もまた、「特別」です。
深夜隊については
・他のジャンルのルールは殆ど通用しない事
・軍服を着ている作品がやっているから深夜隊もいい、にはならない事
これらが前提である事を忘れないでください。


A.・一般人の立ち入りが完全にない空間
・主催が「過去の実在軍服・軍装」を許可している
上記の二つをクリアした会場。

----------------------------------------------------------
もっと詳しく・・・

基本的に
・スタジオを借りる
・スタジオイベントにいく
・軍装可能のイベントにいく
・自宅
・ツテを頼りに私有地を借りる
・レンタル可能な
個室を使う(ホテルなど)

などではないでしょうか。もちろん、「実在した過去の軍服が可能か」は要チェックです。

・遊園地イベント
・人目につく屋外・屋内イベント は、絶対に避けた方がいいです。
国内国外、主催が許可していようが関係ありません。


もしHPなどに記載がなければ、直接問い合わせてみましょう。
以下に「変な主催に騙されない!自分を守る問い合わせ方法」の手順を記載します。

1.まず「軍装はできますか?」を確認します。軍服ではなく軍装です。あえてちょっと物々しくいいましょう。
2.どんなのですか?ときかれたら必ず、
「深夜隊」ではなく、「太平洋戦争時の軍服」なんですが。と伝えましょう。
深夜隊の名前にホイホイされるアホな主催をコレで回避できます。
ちなみに「WW2」と言ってしまうと某国擬人化と間違えられる恐れがあります。
どこの軍かはあえて言わないでおきましょう。マイナーだから誰もわかんないっか★なんて思う主催様は実在するようです。
3.もしそれで大丈夫であれば最後に「一般の方の立ち入りはありますか?」を伺いましょう。
これで一般の方が入ってこないようであれば、問題ありません。


ちなみに、現代パロ・私服衣装はこれらに含みませんのであしからず。

 

A.深夜隊の軍服は、そのほとんどがアレンジなどされていない「軍装」である事と、主催様の問題があります。

----------------------------------------------------------
もっと詳しく・・・

・まず衣装のお話

他のジャンルの軍服とは違うといわれる点の重きはここにあります。
実在していた、戦争にかかわる衣装です。場合によっては、国際問題にも成り兼ねないんです。
一般人いないし軍装可イベントだし、もう何してもいいよね!! 」項と「深夜隊って軍装なの? 」項でもう少し詳しくお話しますので、ここではこの変で割愛させて頂きますが。
一般人の目に、あの衣装はしっかり「戦争の時の軍服」として映るんです。
個人的に、悲しい思い出をおもちの方も一般の方々にはいらっしゃいます。
そのような軍服を遊園地や何も知らない一般の方がいらっしゃる会場でやるという事は
いつ一般人の方からの電話が入ってもおかしくない状況という事です。

*****************************************************************
個人的な実体験談を一つ。
所用があってある観光名所をあるいていたんです。するとベンチに休む一人のド/イ/ツ/軍が。
思わず二度見したらそれは深夜隊のメ/ッ/サ/ーと全く同じ衣装帽子を身にまとい、下半身が黒いパンツの日本人のお爺ちゃんでした。そして次の瞬間には観光客の外国の方に激しく何かを言われていました。おじいちゃんは耳を貸さないのかわからないのか知らんぷり。私も言葉が全部わかったわけではありませんでしたが、注意をしているというか、「ソレがなんなのかわかっているのか」とか、そういう感じでした。おじいちゃんは憧れだったのか、お洒落のつもりだったのかはわかりません。
ですが、
深夜隊の軍服とは一般の人の前でやればそう言われてしまう種類の軍服なんです。
******************************************************************

そして
主催の話。

もちろん、正しい主催さんはたくさんいるんです。個人的に借りれば深夜隊できる会場が、主催の慎重なる判断で軍服一切を禁止していたりとか。
そして残念ながらその逆もあるんですよね。
「人気ジャンルはよくわかんないけど全部可!!小道具設置で誘致しちゃえ!!」な主催さんはいらっしゃるようです・・・。
この主催は大丈夫、この主催はよくないというのは、もちろん簡単にはわかりません
だからこそ、自分で考えて判断するしかないんですね。
主催にかかわらず、衣装が衣装である以上、「深夜隊という創作のコスプレ」ではなく、軍装の扱いに準じて判断しましょう。
御本家管理人様は、「主催さんに確認を」と仰っていますが、彼女はコスプレイヤーではありません。
 「このサイトのキャラを使った二次創作のイラスト、漫画、小説、コスプレ等はご自由にして頂いても構いません」(本家様一部抜粋)と仰ってくださっています。
これは逆にとれば、御本家管理人様からの直接的なコスプレルールの指示は殆どない、自己責任という事です。

余談。
遊園地の話になりますが。
某T/D/Cにてどこかの主催が深夜隊を許可しているという話を聞きました。
参加を考えてる方、やめた方がいいと思います。
隣に皇居のある場所です。
日の丸を掲げて活動してらっしゃる怖いお兄さん達に絡まれる可能性もなくはないのです。



ちなみにここに書かれているような主催様は一握りです。
ほとんどの主催様は、拡大するコスプレ人口や、よりよいイベントの為に尽力してくださっています。
ですが、そのほんの一握りの主催様の暴挙に乗ってしまった際のレイヤー・主催の被害は、想像しえないほど幅広く考えられます。
一応マナーサイトという事で、そのほんの一握りにスポットを当てて書かせて頂いています。
くれぐれも、誤解なさらぬようお願いいたします。

A.とっても超グレーゾーンです。ですが、衣装が太平洋戦争時代の軍服衣装である事を伝えた上で土地管理者に許可を取り、

・その土地の立地を考える。(人は沢山通る場所なのか等)
・軍服とわからないように、撮影時以外は上着を脱いだり工夫をする。
・武器はしまう。
・ロケ地を汚さない、騒がない。
・その場所が戦地としてどれだけその土地に傷を残しているのか

を踏まえた上で行いましょう。

----------------------------------------------------------
もっと詳しく・・・

まず絶対として、
無許可ロケは絶対にダメです。
これは深夜隊だけでなく全てのジャンルで言える事ですが。
コレをやった場合、最悪通報されてお巡りさんがきます。(いろんなパターンがありますが、大体の場合責任を取らされるのはその場にいる一番年齢の高い方です。未成年でも、学生であれば親・学校に連絡行くパターンもあります。お友達を犠牲にするのはやめましょう。)

さて、屋外ロケについて。
コレ、という明確なAが」出せません。

というのは屋外という以上、誰に見られるかわからない、誰に見られてもおかしくないという可能性を持っています。(この危険性などについては、「[どうして遊園地や一般のいるイベントは避けた方がいいの?]」項にて触れています)
ですが、ちゃんと作品がどういうものかを提示したうえで、撮影という事を理解し、撮影許可を下さる場所もあるんです。
つまり、一概に「ロケはダメ!!」とも、ここでは言えないんです。
ロケにおいて絶対なのは「土地管理者様がこの衣装で撮影していいという許可を下さるか」。
そして
そこでマナーというものが発生してくるわけですね。
上記のについては最低限守りましょう。

特にその場所が戦地としてどれだけその土地に傷を残しているのか
上手く言えない自分の言語力の無さが歯がゆいんですが・・・
不安であれば、ネット等で調べましょう。「知らなかった」は言い訳になりません。
ちなみに、原/爆/ド/ー/ム/やひ/め/ゆ/り/の/塔/など、慰霊的な象徴のある土地でやるのはもっての他です。理由は説明するまでもありませんがあえていうのであれば、慰みの場所、沢山の人がいろんな思いをもっている場所を、踏みにじり、荒らす行為になるからです。こちらがどんな思いを持っていたとしても、それは他の方には伝わりません。

最初にも言いましたが、ロケはとっても超グレーゾーンです。
対策などに不安があるなら、ロケはしない方がいいでしょう。
自宅・スタジオ・・・安全に撮影できる場所は他にもあります。

 

Prev1 2 3 4  →Next