忍者ブログ
 
大日本擬人化海軍深夜隊についてのマナーを考えてみた
2018.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A.・一般人の立ち入りが完全にない空間
・主催が「過去の実在軍服・軍装」を許可している
上記の二つをクリアした会場。

----------------------------------------------------------
もっと詳しく・・・

基本的に
・スタジオを借りる
・スタジオイベントにいく
・軍装可能のイベントにいく
・自宅
・ツテを頼りに私有地を借りる
・レンタル可能な
個室を使う(ホテルなど)

などではないでしょうか。もちろん、「実在した過去の軍服が可能か」は要チェックです。

・遊園地イベント
・人目につく屋外・屋内イベント は、絶対に避けた方がいいです。
国内国外、主催が許可していようが関係ありません。


もしHPなどに記載がなければ、直接問い合わせてみましょう。
以下に「変な主催に騙されない!自分を守る問い合わせ方法」の手順を記載します。

1.まず「軍装はできますか?」を確認します。軍服ではなく軍装です。あえてちょっと物々しくいいましょう。
2.どんなのですか?ときかれたら必ず、
「深夜隊」ではなく、「太平洋戦争時の軍服」なんですが。と伝えましょう。
深夜隊の名前にホイホイされるアホな主催をコレで回避できます。
ちなみに「WW2」と言ってしまうと某国擬人化と間違えられる恐れがあります。
どこの軍かはあえて言わないでおきましょう。マイナーだから誰もわかんないっか★なんて思う主催様は実在するようです。
3.もしそれで大丈夫であれば最後に「一般の方の立ち入りはありますか?」を伺いましょう。
これで一般の方が入ってこないようであれば、問題ありません。


ちなみに、現代パロ・私服衣装はこれらに含みませんのであしからず。

 

PR
←No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.16No.7No.8No.9No.10