忍者ブログ
 
大日本擬人化海軍深夜隊についてのマナーを考えてみた
2018.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

落ち着きましょう。


作者の皆様は、これらについて沢山勉強されて、写真や文献なども読まれ、何よりそれを好きで、擬人化という表現方法を用い、創作を行っています。

兵器擬人化は、元をたどれば中々根も深く、最近できたジャンルではありません。
それなのに、最近めでたく一周年を迎えられた(2010/07/30現在)深夜隊を基準にパクリだなど、間違っても言ってはいけません。
それをきっかけに、元々そんな気のない方に「そっちが真似してるんだろう」と、あらぬ疑いをかけられる事もあるんです。

深夜隊は(以下本家様抜粋)
「実際に使用された兵器を擬人化したオリジナルイラスト漫画サイト」や
「ある意味戦艦等の名前と設定を少し借りた完全なオリジナル」や
「キャラクターの髪型、衣装等は受け入れやすくキャラ分け出来る様にしておりますので当時を忠実に再現してあるわけでは御座いません」 

という、はっきりとしたボーダーを持たない、オリジナルサイトです。読み手の受け取り方にとても自由があります。いい意味でも、悪い意味でも。
ファンが下手な事をいって、事態がとんでもない方向に行く可能性を十分に孕んでいるんです。
PR
←No.17No.18No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.16No.7